2010年01月17日

ドリームガールズ [米] '06

●原題:Dreamgirls
●監督:ビル・コンドン
●CAST:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー、ジェニファー・ハドソン
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

ダイアナ・ロスがリードボーカルを務めた伝説的黒人系女性ボーカルグループ「ザ・スプリームス」をモデルにしたミュージカル映画。『シカゴ』の脚本家ビル・コンドンの初監督作品です。

ミュージカル映画は、それほど好きな方ではありませんが、本作は曲、歌唱力、キャストが素晴らしく、ちょっとしたショーを見た感じで結構楽しめました。歌姫ビヨンセ、久々に見たエディ・マーフィー、「Ray/レイ」でオスカーを獲ったジェイミー・フォックス、そして本作でオスカー助演女優賞を獲ったジェニファー・ハドソン、豪華ですね!

ビヨンセも素晴らしいのですが、ジェニファー・ハドソンの声量、歌唱力はそれを凌ぐほどでした。ストーリーはちょっとドロドロした部分もありますが、全編に渡ってノロノリで気分よく2時間を過ごすことができますよ!

posted by hide at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル [米] '03

●原題:Charlie's Angels: Full Throttle
●監督:マックG
●CAST:キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー、デミ・ムーア
●お勧め度:★★★☆☆(三ツ星)

シリーズ2作目。

3人の美女エンジェル達は健在。ますますパワーアップしています。あいかわらずカラッとしてて気楽に楽しめる作品です。しかし、もうちょっとストーリーを面白味のあるものにしてくれるともっといいんですが。。。

今回は、元エンジェル役として「デミ・ムーア」が出演していますが、不名誉なことにゴールデンラズベリー賞の「最低助演女優賞」を受賞しています。ちなみに、作品自体も、「最低続編賞」をとっています。そんなに悪くはないと思いますが、皆1作目以上を期待していますから、やはり続編というのは難しいですね。。。

posted by hide at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーリーズ・エンジェル [米] '00

●原題:Charlie's Angels
●監督:マックG
●CAST:キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

同名TVシリーズを映画化。3人の美女探偵(エンジェル)の活躍を描いた作品です。

アクションシーンは、それをメインとした映画と比べると若干物足りないし、ストーリーもシンプルですが、キャメロン&ドリュー&ルーシーの3人が賢くてキュートなエンジェルを好演。エンターテイメント作品として、98分間お気楽に楽しめる作品です。

ルーシーとその恋人(マット・ルブランク)はドラマの役柄のイメージが強くて、最初はちょっと違和感がありましたが。。。(ルーシーは、「アリー My ラブ」の「リン」、マットは、「フレンズ」の「ジョーイ」)

posted by hide at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。