2008年09月07日

猟奇的な彼女 [韓] '01

●監督:クァク・ジェヨン
●CAST:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

凶暴な彼女とそれに翻弄される男子大学生を描いたラブ・コメ。韓国のネットで連載されたネット小説が原作。

久しぶりに韓流映画を観ましたが、やはりいいですね。余分なサイドストーリを極力省き、じっくりと2人の関係と感情の変化を描いているので、感情移入しやすいです。エンディングも期待どおりで、Happy&爽快です。しかしまあ、どの韓流作品にも共通していますが、キスシーンやベッドシーンなしで、よくここまで大人の恋愛を描けるなぁと関心します。そういう、ハリウッド映画にはあり得ないところも魅力なのかもしれません。

いつも思いますが、韓国の女優さんはきれいですね。でも、黒髪、ストレート、ロング、醤油顔というのが、韓国では美人の基準になってるんでしょうかね〜。どの作品もヒロインが似ていてなかなか覚えられません。区別できるのは、チェ・ジウとイ・ヨンエくらい(^_^;)

さて、何の関係もないと思っていた、『猟奇的な彼女』と同じ韓国映画の『僕の彼女を紹介します』、そして今年公開された日本映画『僕の彼女はサイボーグ』(綾瀬はるか、小出恵介)は、全作クァク・ジェヨンが監督・脚本を担当する、彼女シリーズ三部作といわれているらしいです。これは見るしかないですね。

それから、意外な事にアメリカ版もあって、日本では「猟奇的な彼女 in NY」というタイトルで、今年11月にDVD発売らしいです。ただ、ヒロインは、エリシャ・カスバート(24hr (TWENTY FOUR) 主役ジャック・バウアーの娘キム役)との事なので、あまり期待はできません(ファンの方ごめんなさい。)。

友人のSallyさんオススメ作品ですひらめき



posted by hide at 21:14| 東京 ☔| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。