2008年10月12日

砂の器 [邦] '74

砂の器 ●原題:
●監督:野村芳太郎
●CAST:丹波哲郎、加藤剛、緒形拳、森田健作、渥美清
●お勧め度:★★★☆☆(三ツ星)

松本清張の同名長編小説を映画化したもの。駅の操車場で起きた殺人事件を捜査する二人の刑事の執念と、暗い過去を背負う為に殺人を犯してしまう天才音楽家の宿命を描くサスペンス。

先日亡くなった、緒方拳さんをはじめ、故丹波哲郎さん、故渥美清さんなど、日本を代表する豪華俳優陣による共演で、とても見ごたえがありました。

親と子の「宿命」や、ハンセン氏病に対する差別への批判がメッセージとなっていて、テーマがちょっと重たいし、私的にはあまり好きなジャンルでないため、おススメ度は、三ツ星としていますが、結構おもしろいと思います。

さて、この作品は、これまで4回TVドラマ化されています。最近では、2004年の渡辺謙と中居正広主演によるものがあって、結構おもしろかったので、この作品を2時間にまとめた映画版は、ドラマ版ほどじっくりとストーリーを描けない分、あまり期待できないかなと思ってたんですが、全然そんなことはなかったです。原作が秀作で、脚本がしっかりしていて、キャストも名優揃いとなれば、映画版でもここまでの作品にできるんですね。

友人のStarさんオススメ作品ですひらめき
タグ:映画 Starさん
posted by hide at 20:02| 東京 ☁| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。