2008年10月27日

コールドマウンテン [米] '03

コールドマウンテン ●原題:Cold Mountain
●監督:アンソニー・ミンゲラ
●CAST:ニコール・キッドマン、ジュード・ロウ、レネー・ゼルウィガー
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

南北戦争をテーマにした、チャールズ・フレイジャーの同名のベストセラー小説を映画化した作品。南軍兵士として戦場に送られたインマン(ジュード)は、死罪を覚悟で脱走兵となり、恋人エイダ(ニコール)が暮らす故郷コールドマウンテンへ向う。レネー・ゼルウィガーが、エイダに逞しく生きる術を教える流れ者のルビー役を好演して、アカデミー賞助演女優賞を受賞した作品でもあります。

戦争物というとどうしても暗くて、悲惨というイメージが私の中に出来上がってしまっているので、今回の作品も、観る前はちょっとあまり気が進みませんでしたが(レネー作品を観たいという理由だけで借りて、借りる時は、戦争物だという事すら知りませんでしたから。。。)、想像以上に楽に観る事ができました。

作品の中心である主役2人の恋愛物語は、ちょっと薄い感じがしましたが、二人それぞれの道中に絡む数々のエピソードがよく出来ていて、約2時間30分という長い作品でありながら、見所は多いです。

さて、この映画は主役2人(ジュードロウ&キッドマン)+レネーに加えて、ナタリー・ポートマン(レオン、スターウォーズなど)を脇役で使うという贅沢なキャスティングとなっています。ポートマンは、インマンが立ち寄る民家で、夫を戦争で亡くした女性を演じているのですが、脇役ながら見事な演技です。

レネーの方は、また新たな魅力発見!という感じです。ますます大好きになってしまいました。

ラベル:映画
posted by hide at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。