2008年11月03日

ボーイズ・ドント・クライ [米] '99

ボーイズ・ドント・クライ ●原題:Boys Don't Cry
●監督:キンバリー・ピアース
●CAST:ヒラリー・スワンク、クロエ・セヴィニー
●お勧め度:★★☆☆☆(二ツ星)

男として生きようとした、姓同一性障害である若き女性の悲劇を描いた問題作。実話をベースに作成された作品。この作品で、主役のヒラリー・スワンクがアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

ヒラリー・スワンクがオスカーを獲った作品という事で手に取ってみたものの、同性愛者に対する偏見と差別を残酷なまでに描き、最後はなんの救いも無い悲劇的な結末。楽に観られてハートフルな作品が好きな私にとっては、疲労感の残る作品でした。ちょっと後悔。。。

ラベル:映画
posted by hide at 23:37| 東京 🌁| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。