2008年12月07日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [米] '05

ハリー・ポッターと炎のゴブレット ●原題:Harry Potter and the Goblet of Fire
●監督:マイク・ニューウェル
●CAST:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
●お勧め度:★★★☆☆(三ツ星)

シリーズ4作目。ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー、ロン、ハーマイオニーの友情や恋、そして三大魔法学校対抗試合、ヴォルデモートとの対決などを描く。

主役の3人はずいぶん大人っぽくなりましたね。特にハーマイオニー(エマ・トンプソン)。作品的には、ちょと物足りない印象です。登場人物にもファンタジックな魔法の世界にも慣れてしまったからかな?クリス・コロンバス監督の1、2作目がすごく面白かったので、どうしても過度に期待して観てしまいます。ヴォルデモートとハリーの関係がだんだ明らかになってきて、次回作以降が楽しみなのだけど。

さて、現在5作目「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が手元にあるので、さっそく観てみようと思います。

タグ:映画
posted by hide at 10:54| 東京 ☀| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。