2009年03月08日

僕の彼女はサイボーグ [邦] '08

●原題:
●監督:郭在容(クァク・ジェヨン)
●CAST:綾瀬はるか、小出恵介
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

韓国映画『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』に続く、郭在容(クァク・ジェヨン)監督による「彼女シリーズ」第3弾。未来から来た人造人間の少女と、彼女に惹かれていく青年を描くSFラブストーリー。

『僕の彼女を紹介します』で、すっかり私の信頼を失ってしまった「クァク・ジェヨン」監督でしたが、今回の作品は結構良かったです。前2作に続き、大胆な「彼女」とヘタレな「僕」という基本の構図は継承されています。

サイボーグを演じる無表情の綾瀬はるかが、なかなか良いです。でも、脚本はちょっとひねり過ぎの感があります。最後はハッピーエンドにしたかったのだと思いますが、どうも彼女の行動の動機とかが分かりにくく、多少の違和感が残りました。。

さて、「彼女シリーズ」もとうとう本作で終わりと思っていたら、第四弾もあったらしいです。その映画は、『最強☆彼女』(韓国映画)。先週DVDレンタル開始されたようなので、そのうち観てみようと思います。

posted by hide at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。