2010年03月28日

おっぱいバレー [邦] 2009

●原題:
●監督:羽住英一郎
●CAST:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

新任の女教師とバレー部のダメダメ中学生がお互いに成長していく姿を描く青春コメディーです。

インパクトのあるタイトルですが、映画はとてもシンプル。でも逆にそれがイイ。綾瀬はるかは、新任教師のさわやかさや、生徒との付き合い方に悩む姿など、期待どおりの好演をしてます。心を動かされる場面もたくさんあり、イイ映画です!

そして、時代設定は1970年代後半であり、バックで流れる音楽は、甲斐バンド、浜省、ユーミンなど、その時代のものが中心。また、自分が中学生のときバレー部だったというのもあって、とても懐かしく、ツボにハマッタ作品でした。

posted by hide at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144918162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。