2010年03月28日

メリーに首ったけ [米] 1998

●原題:There's Something About Mary
●監督:ファレリー兄弟
●CAST:キャメロン・ディアス、ベン・スティラー、マット・ディロン
●お勧め度:★★★★☆(四ツ星)

美人で性格もよい女性をめぐる、オバカな男たちのドタバタを描いたコメディーです。

下ネタあり、笑いもお下劣なものが多いですが、それほど不快な感じのしない愛すべきコメディです。キャメロン・ディアスは、本作が出世作とも言われているだけあって、カワイイですね!

ファレリー兄弟監督作品は、必ず障害者を障害者役で出演させたり、笑いがちょっと下品なところもあり、好みが別れるところだと思いますが、私は好きです。キャメロン・ディアスは、美人というよりも、愛嬌のあるカエル顔といったタイプですが、彼女が何故人気なのかが、この作品を見れば判るような気がします。

posted by hide at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞作品寸評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。